口寂しい時に煙草以外の物で代用

禁煙時の辛い症状として、口寂しさという問題があります。
これまで生活の一部に煙草があった人にとっては常に口元から紫煙が立ち昇っていた訳ですから、その違和感に慣れるために、しばらくは工夫が必要になってきます。
口寂しい時に煙草以外の物で代用するという方法を用いれば、不快な症状を和らげることができます。
そのための代表的な禁煙グッズとして、煙草を真似て作った擬似煙草や禁煙ガムなどが挙げられます。
擬似煙草には、様々なフレーバーが添加されています。
フルーツ味やミント味などバリエーションが豊富であるため、男性だけでなく女性にも愛好家が多いのが特徴です。
その他、電池などでLEDが点滅し、本物の煙そっくりの水蒸気が発生する電子煙草という製品もあります。
これには、いかにも煙草を吸っているような感覚を味わうことができるというメリットがあります。
禁煙ガムには、煙草の主成分であるニコチンが含まれています。
そのため、噛むことでニコチンの血中濃度が緩やかに上昇し、禁煙時の禁断症状に悩まされることがありません。
長年の喫煙でニコチン中毒になってしまった人に適している禁煙方法です。
禁煙ガムを噛み続けることでニコチン依存を軽くすることができます。