煙草を吸わなければ身軽に動ける

煙草には、人体に悪影響を与える成分が含まれています。
その成分にはタール、ニコチン、ヒ素などが挙げられます。
またその他にも、多くの化学物質が含まれており中には発がん性物質として指定されているものもあります。
特に、煙草の煙に含まれるタールは人の肺に害を与えることで有名です。
副流煙により煙草を吸う人だけではなく、周りの人にも害を与えるため、近年では公共の場で煙草を吸うことはあまり好まれることではなくなっています。

肺には、肺胞と呼ばれる組織があり体内の二酸化炭素と酸素の交換を行っています。
肺胞は、肺を構成する臓器部分の一番最後に到達する場所です。
タールはその肺胞まで到達し沈着することにより正常な働きを阻害します。
そのため、体内に酸素を運ぶことが難しくなり息切れやめまいなどの症状を起こします。
喫煙の期間が長ければ長いほどタールは蓄積されていくので、次第に階段の上り下りなどの簡単な運動にも影響を与えます。
煙草を吸わなければ身軽に動けるところが、喫煙により動作が遅れるのです。
タールに犯された肺は、禁煙によりある程度回復することができます。
喫煙期間により、回復する期間は変わりますが、肺がんや閉塞性肺疾患のリスクを減らすことも知られています。